んだず(´・ω・)

gaku7368.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 12日

湯川備忘録 その10。

人は経験や失敗から教訓を得ると、慎重に臆病になるのか?
それとも賢くなり失敗を回避する術を身につけるのか?
仕事の話なんですけどね。

それはいいとして、前のPCのHDDを整理していたら国道48号の冬の嵐のときの動画がでてきました。
携帯で撮影したんですけど、たしかあまりの暴風と視界不良、除雪車が退避してるので
路面の積雪はどんどん増えていく感じでしたね。

仙台市の中心部、湯川や当時の講義の仲間と話しして深夜に帰宅。

湯川 「なんか天気悪いみたいよ?こっちで泊まれば?」
私 「いやいや、明日は雪かきしないといけないから帰るわな。」

本当に仙台市中心部は晴れていたんですよ…外歩いても寒くもなく晴れてましたから。
郊外に来ると、道路の先が白いんです。
風はまだないんですけど、急に強い風が…。
今はもう閉店したコンビニで対向車が来るか様子を見て撮影してたんですよね。

車は暴風でグラグラ、冬の大雪の予報だったので親父の4WDで来ていたんですよ。
意を決して、コンビニから山形方面に出ると、前を徐行していた車は停止して引き返します。
この道を帰らないと、高速は通行止め、県北の国道もたぶん駄目だろうと思いそのまま。
当時は、立ち往生とかスピンしたりしたことがないので、怖くなかったんですなw
前走車に追いつくわけですが、みんな先頭を走るとリスクが高いので譲るんです・・・
どんどん譲るんです、みんな怖いので。
結局、関山トンネルを超えて最初のドライブインまで暴風が止んだ山形側まで
ずっと先頭で、後続に15台くらい従えて超えてきましたね。

今なら、スマホで道路情報やライブカメラなど見て、引き返すか迂回路で高速に乗るか。
そういう風に安全パイでいくでしょうね。

今は、気象条件が悪いと迂回するか高速に乗りますからねぇ。

後日、湯川に携帯で撮影した動画みせたら
「ちょ----●●君なにやってんの…なんで引き返さないの!」
心配していましたけど
「…●●君なら行くでしょうね…雪国の男だもん。」
なんて言っていたのを覚えています。

でも、もう少しあの時の無鉄砲さを取り戻すために、頑張ろうと思います。












[PR]

by gaku7368 | 2017-02-12 22:46 | 備忘録 | Comments(0)


<< この光景も。      届かなくなりました。 >>